2017年ベストショット、一年を振り返る

Leica IIIa, Summicron f = 5cm 1:2, KODAK EKTAR 100 みなさん、ベストショットを公開されているようなので、自分も公開してみる。 改めて振り返ってみると、今年はなんとフィルム4本しか撮っていない。ILFORD FP4 PLUS、ILFORD XP2 SUPER、中判のILFORD FP…

ブランクーシのアトリエ、大判カメラへの誘惑

Leica IIIa, Summicron f = 5cm 1:2, KODAK EKTAR 100 パリの近代美術館であるポンピドゥセンターの脇に、まるで隠れ家のような美術館、ブランクーシのアトリエ (L'Atelier Brancusi)がある。 コンスタンティン・ブランクーシ(Constantin Brâncuși)は、…

ミノルタオートコードCDS、新しいメンバー

Minolta Autocord, Rokkor 75mm F3.5, ILFORD FP4 PULS 今の職場には、自分も含めて、写真・カメラを趣味している同僚が4人もいる。そのうち二人がデジカメ派、二人がフィルム派だ。面白いことに、フィルムもデジタルも両方使っている人が誰もいない。きっち…

フィルム20本撮影記念、安閑フィルムライフ

Nikon F, NIKKOR-H•C Auto 50mm f2, ILFORD XP2 SUPER@Paris 今、カメラに装填しているフィルムで、写真を撮り始めてから数えてちょうど20本目のフィルムになる。 写真を撮り始めたのが2013年だから、今年でほぼ丸四年。ということは、一年でわずか5本、二、…

フォトジェニック、その先にある表現

Leica IIIa, Summicron f = 5cm 1:2, 45color 400 フォトジェニック(photogenic)、という言葉を初めて聞いたのは、ある友人が別の友人の写真を撮っている時の一言だった。彼女いわく、被写体の友人は「フォトジェニック」だから、どうやって撮影しても良い写…

白黒で撮るパリ、オススメの黒白フィルム

Nikon F, NIKKOR-H•C Auto 50mm f2, ILFORD XP2 SUPER@Paris 現在のパリの街並みは、19世紀の大規模な都市改造で作られた。その指揮をとった当時の県知事であるジョルジュ・オスマン(Georges Eugène Haussmann)の名前から、travaux haussmanniensとも呼ば…

ビエーブル国際カメラ市、アンティークカメラのディープな世界

パリ南部のビエーブル市で行われる、フランスあるいはヨーロッパ最大とも言えるカメラ市に行ってきた。 Foire internationale de la photo - Bièvres - 3 et 4 juin 2017 今年で54回目を数える歴史あるマーケットで、パリのみならず、フランス全土、さらには…

© 2016 SAKAI Hiroshi