セリフォス島でのバカンス

Oia

Nikon F, NIKKOR-H•C Auto 50mm f2, FUJICOLOR PROVIA 100F @Serifos

オススメの場所は、地元の人に聞く。これは、旅行する際には、世界どこでも通用する法則だ。

ギリシャの島々の中でも、比較的マイナーな島であるセリフォス島を旅行先に選んだのは、同僚のギリシャ人オススメだったから。彼は、ほぼ全ての島に回ったと豪語するが、その中でも静かでお気に入りの島なのだそうだ。結果としては、全く期待の裏切られない滞在になった。

交通手段

セリフォス島には、フェリーで行くしかない。まずは飛行場のあるミコノス島へ行き、そこからフェリーに乗った。このミコノス島のフェリー乗り場には困惑させられた。なんの案内もない。ただフェリーを運航する会社の看板があるだけ。係員もいなければ、次のフェリーの発着場を示す掲示板もない。コンクリート打ちっ放しの待合所らしきところに、ベンチがあって、そこで搭乗を待つ。が、フェリーがこない。出発時刻を過ぎても、なんのアナウンスもない。周りの人に聞いても、皆同じように不安がって待っているだけで、情報は何もない。結局、4時間近く遅れて無事(?)、フェリーが到着した。

このフェラーは、キクラデス諸島(サントリーニ島やミロス島を含むエーゲ海の島々)を周回している。そのため、直線的にはすぐ隣の島にも、ぐるっと大回りしていくことになるので、島によっては随分と時間がかかる。ミコノス島からはセリフォス島までの所要時間は、なんと6時間…。フェリーが遅れたせいもあり、島の港町であるLivadiに到着したのは深夜0時を回っていた。

滞在場所

宿泊場所としては、レンタルルームを借りた。ようは、素泊まりのホテルのようなものだ。セリフォス島には、こういった小さいレンタルルームがいくつかあって、ホテルよりもかなり格安に借りられる。実際に泊まったところのリンクを貼ろうと思ったら、なぜか見つからない…。booking.comで、serifosと検索すれば、他のルームも簡単に見つかる。ルームからの景色は、絶景とは言い難いが、地中海の美しさを存分に味わえる。

f:id:sakaihiroshi:20161121015308j:plain

iPhone 5C @Serifos

深夜到着にもかかわらず、ルームの方には暖かく迎えていただいた。次の日の朝に、改めてチェックイン。どうやら夫婦でやっているようだ。話を聞くとギリシャ人とイタリア人のカップルだそう。

朝食

オススメの朝食を聞くと、近所のイタリアンカフェを案内された(イタリア人だから?)。提携しているカフェのようで、ルームの名刺を持っていくと割引が受けられる。

ビーチ

このレンタルルームの素晴らしいところは、港にもビーチにも隣接しているところ。すぐ裏の道を下りて行くと、いかにもギリシャというビーチが開けている。海の家がポツポツと並んでいるだけで、のんびりとしたところだ。

このビーチにおいて特筆すべきは、その海水の質だ。これはギリシャの海全体に言えることなのかもしれないが、とにかくサラッとしている。海に入った後の、あのベタつく感覚が全くない。まるでプールに入ったかのような感覚で海に入れる。

昼食

ビーチの海の家なんて、と期待せずに入ったが、満足のいく食事だった。ここで食べたカラマリ(要はイカフライだ)と、ドルマダキア(ご飯をブドウの葉で包んだもの)は忘れられない。海風に吹かれながらのんびりと食事ができる。

バス

山の中腹であり、かつ島の中心地であるHoraまでは、港からバスで行ける。このバスがなんとものんびりしてるというか、いい加減で、終点こそきちんとバス停があるものの、途中のバス停はあってないようなもの。急に止まったかと思えば、地元の人がまるでタクシーを止めるかのように、道端でバスを止めて乗り込んでくる。

夕食

夕食はMarathoriza Local Cuisineで。

www.tripadvisor.jp

バスで降りて、ちょっとした坂を登った奥にある。非常に小さいお店で、ラッキーにも入店できたが、我々が入った後には、すぐに一杯になった。ここでも気になったメニューであるタコの料理を頼む。これが独特の味で美味しい。かつて食べたことがなかった味だし、正式な料理名を忘れてしまったから、推測ではあるけども、タコをオリーブオイルとバスサミコに浸して、オーブンで焼いたのではないかと思う。パンがあっという間になくなる美味しさだ。

カフェ

食後に、バスの待ち時間を利用してカフェに入った(そもそも、まともなバス停がないせいと、強風のせいで、真夏にもかかわらず、外でバスを待つのは辛いくらいに寒い)。ここで頼んだものはグリークコーヒー(Greek coffee, ギシリャコーヒー)。これは強烈な苦味のあるコーヒーだった。比較的濃いめのコーヒーが好きで、エスプレッソも平気で飲めるのだが、これはその比ではない。「フィルターしていないエスプレッソ」とも呼ばれるらしい。飲み終わった後には、カップの底に分厚いコーヒー粉の層が溜まっているのわかる、といえば、その特異な苦味を想像してもらえるだろうか。

 

マイナーだけれども、とてもオススメの島、セリフォス島。次はじっくりと滞在したい。

お題「見たい!見せたい!パノラマ写真」

© 2016 SAKAI Hiroshi